歯科矯正中は研磨剤入りの歯磨き粉に注意

歯科矯正中はワイヤーで矯正する方法が一般的で、24時間装置やワイヤーが付いた状態なため汚れが付きやすく歯磨きの方法に気を付けないといけません。歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロスを使用して、汚れを十分に落とす必要があります。鏡を使い歯ブラシを小刻みに動かして細かい部分も丁寧に磨くようにして、ワイヤーの隙間の汚れもしっかり落としましょう。歯に付いている装置の周りにも汚れは付きやすいので、斜めの角度から隙間に入った汚れを落とすようにしましょう。また汚れに色を付けて磨き忘れを防ぐ染出し剤などを使用すると、目に見えない汚れも見やすくなり歯磨きがしやすくなります。
歯科矯正中は歯磨き粉を使わない方がいいとも言われます。泡立つ歯磨き粉を使うこと細かいところが見えなくなり、汚れが残りやすくなってしまいます。さらに歯磨き粉には歯にこびり付いた汚れや着色を落とすために研磨剤が使用されていることがあり、その研磨剤によって装置が傷ついてしまう場合もあります。装置に傷がついてしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、炎症や口臭の原因になってしまいます。また刺激しすぎると装置が弱ってしまい、割れやすくなる場合もあるので注意が必要です。しかし歯磨き粉には虫歯を防ぐフッ素などが配合されていたり、口の中がすっきりするので絶対に使用したい人も多いです。そんな場合は研磨剤の使用していない歯磨き粉や、傷が付きにくいものを使用した歯磨き粉を使うようにしましょう。またまず歯磨き粉を使わずに汚れを十分に落としてから、歯磨き粉を使用して軽く磨く方法がおすすめです。
矯正中には他にも注意しなければならないことがあり、口の周りの筋肉の動きが悪くなることがあります。口のストレッチを行ったり、歯ブラシで口腔内を刺激したりして口周りの筋肉を鍛えるようにしましょう。また色素の強い食べ物は装置自体を染めてしまい、磨いてもとれなくなってしまいます。お餅やガム、キャメルなど粘りのある食べ物は装置を破壊したり外れたりしてしまいます。壊れたり外れたりするとすぐに病院にいって付け直さないといけないので、手間もかかりますし外れている間は矯正の効果が出にくくなります。また壊れ方によっては口の中を傷つけてしまう場合もあるので気をつけましょう。矯正器具の付け始めは違和感や痛みがあり気になって触ったりしてしまうことも、強く触ってしまうと外れやすくなる原因にもなります。ホワイトニング歯磨きってどれがおすすめ?に答えます!